小学生の英語クラスにプログラミングを導入‼

2022年6月より、英語の授業(小学生以上のクラスを対象)に、「英語でプログラミングも楽しもう!」がスタートしました☆

 

l  1ヵ月に1回、年間1012回レッスンを予定

通常のクラス担当講師が、プログラミングも英語で指導します

→保護者の声はこちら

 

l  プログラミングロボット「ダッシュ」

使用するプログラミングロボット「ダッシュくん」(※上の画像のロボット)の使用言語はすべて英語で、全世界2万校以上の小学校で導入されています。遊びの感覚で驚きと感動を味わいながら、プログラミングの基礎に触れることができます。また、オバマ元アメリカ大統領も「ダッシュくん」で遊んだことがあり、ホワイトハウスの公式動画にもその様子が掲載されました。下記に動画掲載↓

 

l  英語とプログラミングを結び付ける期待効果

2020年より小学校でプログラミングの導入が必修化されました。プログラミング教育のねらいのひとつ「思考力、判断力、表現力の育成」は、近年の英語教育で求められる内容と大いに重なる点があります。

プログラミングで使用するロボットに英語で指示を与え、その動きを目の当たりにすることができれば、習った英語を能動的に使うことができます。そして、ロボットにより高度な動きをさせるために、どのような英語の指示が必要であるかを思考するプロセスが発生します。

 

l  リーズナブルな価格

一般的に「プログラミング教室は、料金が高い」というイメージがありますが、ハッピーデイズでは、生徒12人につき、ロボットとタブレットを各1台貸与します。生徒の皆さんは、それらの買い取りの必要はありません。

ロボットに自分たちで考えた名前をつけたり、英語のあいさつを録音をして取り入れることができます。